ティムバートン監督の実写版「ダンボ」を観てからディズニーアニメ版「ダンボ」を観た感想

こんにちは!昨日2019年3月29日の公開初日に実写版「ダンボ」を観まして、今日DisneyDELUXEを利用してディズニーアニメ版の「ダンボ」を観ました!

ディズニーアニメ版の「ダンボ」は久々に観たんですが、見事なサクセスストーリーで、最後にお母さんと一緒になれるシーンが良かったなー!とほっこりして映画を終えることができました!

ディズニーアニメのダンボを観て思うのですが、やはり印象は実写版の「ダンボ」とは違いますね!実写版のダンボは深いネタバレをなるべくしないように書いていけたらと思います。

ディズニーアニメ版のダンボは本当にネズミのティモシーが良いやつで、しっかりしていて、ダンボをしっかりサポートし、ダンボの気持ちもわかってあげられて、周りでバカにしている大人達がおかしいことを言及しています。みんなが笑う事に対して、それは違うと笑っていたカラスをダンボに同情して泣かせるまでの説得力を持っています👍 彼がダンボの側にいて本当に良かった!そう思えますね👍

実写版のダンボはディズニーアニメと違って言葉をしゃべる動物が全くいません。なので、周りの人間達によってダンボの心境、また、ダンボの表情と行動で伝わります。

ディズニーアニメのダンボと実写版のダンボの違いはダンボの可哀想な扱いにもあります😅

実写版のダンボを見て、アニメ版と同じようにお母さんと一緒に過ごせないなんて可哀想だな、なんて思いましたが、アニメ版のダンボの扱いが酷すぎてこんなに酷い目にあってたんだ😅と思ってしまいました。

ティモシー自身もダンボのことを今までついてなかったなんて言っていたので、もうダンボの純粋な心が周りの大人達によって傷ついていくのが可哀想でありませんでした。

実写版のダンボは、アニメ版ほど酷い扱いではなく、割と周りの人間に受け入れられながら進むので観ていて安心でしたね😁

実写版で何度も出てくる羽も、忘れていましたがアニメ版でも「魔法の羽」というアイテムとして出していたんですね😁

実写版のダンボは人間が大きく絡んでくるので、そういった点で物語も大きく違いました! 別物として考えられるかと思います😄

美女と野獣の実写版はわりと同じ感覚で観ることができましたが、実写版のダンボはアニメ版より現実身があって違う印象でした。

もしかしたら本当に現実でこんなことが起こるのかなーなんて思いさせるような感じで、

実写版のダンボは

「もしダンボが現実世界にいたら」そんな感じの映画でした。

結構実際飛ぶと象って大きいので迫力があるんだなーって思いました😁

ダンボを現実世界で観てみたいって方、実写版観てみると良いかもしれませんね😄

両方とも共通してダンボがとても可愛かったです!😆✨

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です