カーズの短編作品「メーターの東京レース」を観て〜ディズニーが描く東京。メーターは日本だと「トマト」さん??〜

今回カーズの短編作品「メーターの東京レース」観ました!😁

ディズニーの作品の中で名前に東京が入っているのは初めてじゃないでしょうかね?自分の国をテーマにしてもらえるのはとても嬉しいです😄

今まで自分の国を題材といえば、「ベイマックス」のサンフランシスコと東京を混ぜた街、「サンフランソウキョウ」や「カーズ2」で東京の街並みが出てきましたが、最近のディズニー作品ではそんな感じでしょうか。

外国の方が思っている東京の姿がわかって面白いですよね😄

Source:Disney THEATER Application 

この短編を日本語と英語両方で観てみたんですが、日本語バージョンだと、全員日本語なのでわからないですが、英語バージョンだと、誰が日本人でカタコトの英語を喋っているかわかります。

しかも、日本人が英語を喋る時の癖をよくわかっていて笑 英語をハッキリ日本語に近いように発音しているのが印象的でした。英語を喋りながらも途中で日本語が出てきたりして、外国の雰囲気を出していました。

ちなみにメーターですが、なぜかわかりませんが改造した後に「トマト」とカタカナで車に書かれていて、英語版でもミスタートマトと呼ばれていました笑 よく詳細はわかりませんが、この作品では「トマト」と書かれたメーターを見ることができます。よくわからなくて可愛いです笑

途中でモンスターズインクのサリーとマイクも出てくるんですがどこで出てくるかわかります? モンスターズインクでも少し日本のシーンがありましたよね。そう、有名な寿司屋「ハリーハウゼン」です! 東京の「ハリーハウゼン」でマイクとサリーが一瞬ですが食べている姿が観れます😁

走っている場所が東京で、街並みもネオンボードが日本語だらけでゴール地点も「東京タワー」なのでこんなにも東京を出している作品はないかと思います。 カーズ2も東京でしたが、走っている場所の雰囲気が似ていますね。

途中で忍者や舞妓さん、いろいろ出てきますが、ゲームのような世界も出てきて、外国人が思う日本がいろいろと出てきます😁👍

東京を題材とした珍しい作品なのでぜひ観てみてください!😄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です